明和海運株式会社

60th anniversary

海上職

MEIWA KAIUN GROUP

明和タンカー

佐藤 仁

明和丸 次席一等航海士
明和タンカー株式会社

Interview 1

どんな仕事をしているのですか?
どんな仕事をしているのですか?

航海士の業務は、24時間体制で行われます。シフトの時間は決まっていますが、急に海の状態が荒れたりすると休憩時間でも構わず業務にあたることもあります。

主な業務は、タンククリーニングの準備、荷役作業、そして航海中の積み荷の点検などで、石油化学製品を搭載し、品質を維持して目的地まで安全・確実に運ぶことが使命です。

搭載する石油化学製品は危険物と呼ばれるものがほとんどなので、荷役作業(荷積み・荷揚げ)とタンククリーニング時は細心の注意を払います。何よりも安全が優先されますので、ダブルチェックを徹底しています。

Interview 2

仕事への思い・やりがい等について教えてください。
仕事への思い・やりがい等について教えてください。

内航ケミカルタンカーの乗船歴は長いのですが、常に「やるべきことをキチンとやる」ことを心掛けています。海の上では気象と海象の変化により、その時々の状況により判断して行動することが求められます。その中で、安全を第一にブレずに行動するためには、普段から様々な状況を想定して「やるべきこと」を考えておくことが大事です。

また、船内での「あいさつ」を大切にしています。船の仕事は1人では何もできません。常にチームワークが求められます。ですから、船の上では「人の和」がとても大事です。朝、起きて会った時、「おはよう」と声をかけることからコミュニケーションが始まります。人と話し、相手を知り、自分を知ってもらうことで、船内作業が円滑に進みますし、いざという時でも適切な行動がとれるようになります。安全第一の基本は、普段から声をかけあってコミュニケーションを良くすることだと考えています。

Interview 3

プライベートはどんなことをしていますか?
プライベートはどんなことをしていますか?

休みの日は、温泉に行ったり、釣りに出かけたりしています。
温泉には、よく車で父親を連れて行きます。父は高齢になりますが、とても喜んでくれます。また、釣りは仲間と渓流釣りに出かけます。最近は一緒に行く仲間も少なくなり、体力的にもキツクく、回数は減ってしまいましたが、楽しんでいる趣味の一つです。

温泉も釣りも、特に計画を立てて行くという訳ではなく、自分のペースで思い立った時に行動することが多いです。船内では、一人になれる時間がほとんどありませんので、休みの日は自分の時間をゆっくり過ごし、バランスを取っています。

スタッフ紹介バックナンバー