明和海運株式会社

60th anniversary

海上職

MEIWA KAIUN GROUP

明和タンカー

野口 輝海

明芳丸 機関長
明和タンカー株式会社

Interview 1

どんな仕事をしているのですか?
どんな仕事をしているのですか?

船体や各機器類の保守・整備の仕事をしています。

乗船中は、常にエンジン音、排気色、船体の振動等に気を遣い、異常があれば昼夜を問わず、すぐに調査をして修理に入ります。修理が完了するまで眠れない時もありますが、運航に支障が出ることは絶対に避けなくてはなりません。
また、船長をサポートして船内のコミュニケーションにも努めています。

コミュニケーションを良くすることで、都度お互いの作業内容を確認したり、アドバイスすることができるので、船員同士の理解が深まり、それが安全を守ることにつながっています。ですから、コミュニケーションをよくすることは、とても大事なことだと考えています。

着桟時には荷役作業もしています。ケミカル製品は取扱いを間違うと大きな事故につながりますので、荷役責任者と相談しながら、細心の注意を払って事故が無いように努めています。

Interview 2

仕事への思い・やりがい等について教えてください。
仕事への思い・やりがい等について教えてください。

エンジントラブルの原因には色々ありますが、その中でもヒューマンエラーだけは、極力避けたいと思っています。エンジンの取扱い方については、よく考え工夫する ように努めていますし、部下にも指導しています。

また、会社の工務スタッフや機器類のメーカーの方からの情報は、部下にも説明し指導しています。

何より、トラブルが発生する前に、保守・点検・メンテナンスを心掛け、未然に防ぐ努力を続けています。

ですから、トラブル発生前に悪い所を見つけて直したり、トラブルを直した後に大きなやりがいを感じます。

今後も、コミュニケーションを大事にして、事故が無いように努めていきたいと思っています。

Interview 3

プライベートはどんなことをしていますか?
プライベートはどんなことをしていますか?

車が好きで車のメンテナンスをしたり、あてのないドライブをよくします。

私の自宅は岩手県にあるのですが、一昨年発生した震災前は、自分の船で釣りや網で魚を採って市場にも揚げたりしていました。震災により船が流され、それができなくなってしまったのですが、また船を買う時期を検討中です。

近頃は、子供たちにも手がかからなくなり安心しているのですが、結婚の事を考えると今から心配してしまいます。いつまでたっても、子供はかわいいものです。
最近では、自分の体の事を考えるようになりました。正直、歳を感じます。

これからは、船はもちろんですが、自分の体にも十分気を遣って、定年まで何もなく働ければと思っています。

スタッフ紹介バックナンバー