明和海運株式会社

60th anniversary

陸上職

MEIWA KAIUN GROUP

明和海運

㓛刀 隼人

営業部 主任
明和海運株式会社

Interview 1

どんな仕事をしているのですか?
どんな仕事をしているのですか?

主となる業務は配船業務です。お客様からのオーダーを弊社や同業他社の運航船舶のスケジュールに組み込み、より効率的な運航を目指します。

思わぬトラブルや気象の影響によりスケジュールが崩れることもしばしばありますので配船という業務は調整に追われる毎日です。

また、内航海運業界における乗組員の高齢化により数年後には乗組員数の大幅な減少が危惧され、待ったなしの状況が刻一刻と迫っております。その対策として、安定的に乗組員を確保出来る体制を整える事が急務となっており、その取り組みにも現在参加しております。お客様から今後も安心して弊社に輸送業務を任せて頂ける基盤を構築するため、無い頭をフル回転させながら全国各地、船員確保の為の新規ルートの開拓を図っております。

Interview 2

仕事への思い・やりがい・志について教えてください。
仕事への思い・やりがい・志について教えてください。

以前は海・陸の総合物流会社に勤めておりました。海運、陸運と双方経験して参りましたがやはり海の世界の魅力は無限大です。生粋の船会社で営業はもちろん、船の工務関係や船員の労務管理等、様々な分野にもっと首を突っ込んで仕事がしたいという思いもあり、縁あって現在に至っております。やりがいとしましては、やはり配船業務において悪天候のため予定が狂った、または繁忙期の過密したスケジュールで、配船困難と思われた予定を調整し終えた際の達成感に勝るものはないと思います。また、交代で担当する休日の船舶の動静確認時に、乗組員の方とのんびりと普段バタバタしてゆっくりと話せないような話題で盛り上がれる時間も私にとっては捨てがたい時間です。

Interview 3

プライベートはどのように過ごしていますか?
プライベートはどのように過ごしていますか?

車が好きで、休日となればボンネットを開けて整備しております・・・と、言いたいところですが、ここ数年は子供の遊び相手で休日が終わってしまうことが多く、汚れた車を横目に見ながら子供を公園に連れて行くのが実情です。その中でも子供が昼寝をしている隙を狙って車と戯れております。最近、長男坊の車(まだトミカの域ですが)に対する想いがどうやら根強いものであると確信めいてきました。今後は共通の趣味として一緒に楽しむことが出来そうです。また、歴史(戦国時代)が好きで、移動時間や余裕ができると本を読み漁り、実際に城や合戦場跡に足を運んで物思いに耽っております。これは子供たちには理解して貰えそうに無いので今後も孤独に楽しむ事にします。

スタッフ紹介バックナンバー