明和海運株式会社

60th anniversary

安全への取り組み

安全は経営の基盤であり、いかなる状況においても、
すべてに優先して 守るべき絶対的使命です。

安全は経営の基盤であり、いかなる
状況においても、すべてに優先して
守るべき絶対的使命です。

安全管理方針

明和海運グループは、全社的に船舶の安全、人身事故あるいは人命の損失の防止、並びに海洋環境保護の意識の徹底を図り、当社の使用する船舶による輸送の安全を確保するために、ISMコード及び適用法令等を遵守した安全管理システムを確立し、その実現を図るべく「安全管理方針(安全方針)」を策定し、それに基づき業務を遂行しています。

安全管理方針(安全方針)

『安全は全てに優先する。』を安全管理の基本方針 とし、人命の損失及び傷害の発生を防止すると共に、 海洋環境の保全を図り、もって無事故・無災害を 達成する。

重点施策・重点目標

安全方針を達成するため、重点施策・重点目標を策定し、それぞれの進捗、達成状況を把握するとともに、少なくとも毎年1回の見直しを行っています。

重点施策 1.海上と陸上が一丸となった安全の確保
2.不安全行動の防止・不安全状態の改善
3.コミュニケーション能力の向上
4.整理・整頓・清掃・清潔・躾(5S)の徹底
重点目標 1.人身災害ゼロ化の達成
2.海難事故ゼロ化の達成
3.環境災害ゼロ化の達成
4.重要設備トラブルゼロ化の達成

月間強化目標

 重点施策・重点目標の達成に向けて、毎年、月間強化目標を策定し、各月の目標に基づき訪船時に指導を行っいます。

1月 荷役手順の周知徹底
2月 桟橋接触事故の防止
3月 見張り強化と早期避航の徹底
4月 居眠りによる事故の防止
5月 濃霧時期の安全航海
6月 漏油事故の防止
7月 係船索取扱い事故防止
8月 走錨事故の防止
9月 労働災害の防止
10月 酸素・ガス検知の徹底
11月 静電気対策の励行
12月 船舶設備安全総点検の実施

ISMコードに基づいた取組み

船舶の安全航行及び汚染防止とISMコードのクオリティ維持向上のため関連規則などの法令を遵守し安全航海・安定輸送を実現しています。

船舶の安全運航の取組み 船長が乗組員に対して自ら安全管理システムを積極的に実施するように船内安全衛生委員会等を利用し動機付け行い安全運航に努めています。
リスク管理の取組み 船舶の運航、船内作業に潜在する危険を特定して発生の確率、頻度、経済的な影響を事前に評価して、リスク毎に想定されるシナリオを作成しリスクの防止対策、軽減処置の策定に努めています。
内部監査の取り組み 安全管理システムに関連する全ての業務が、効果的に運用されていることを判定するため12か月を超えない間隔で1年に1回、関係する全ての部署及び船舶に対して監査を実施しています。

AISの搭載

過去5年以内に建造した2隻のケミカルタンカーについては電子海図情報表示装置、監視カメラ等の航行安全装置の採用や大角度舵とバウスラスターを装備し、これを併用することで、離着桟作業をより安全に正確に行えるよう努めています。

AISの搭載

航行安全装置等の採用

過去5年以内に建造した2隻のケミカルタンカーについては電子海図情報表示装置、監視カメラ等の航行安全装置の採用や大角度舵とバウスラスターを装備し、これを併用することで、離着桟作業をより安全に正確に行えるよう努めています。

ECDIS
ECDIS
監視カメラ
監視カメラ
バウスラスター
バウスラスター

訪船活動

明和海運グループでは、陸・海全員で重大トラブルゼロを目指しています。そのためには現場で働く乗組員との意思疎通が大事であると位置づけ乗組員とのコミュニケーションを積極的に実施しています。

<2020年訪船実績>

1月度 2月度 3月度 4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 12月度 年度計
運航
隻数
17隻 17隻 18隻 18隻 18隻 18隻 18隻
訪船
隻数
17隻 17隻 18隻 18隻 18隻 18隻 18隻
訪船
回数
24回 20回 18回 18回 18回 20回 22回 140回

<2019年訪船実績>

1月度 2月度 3月度 4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 12月度 年度計
運航
隻数
17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 18隻
訪船
隻数
17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 17隻 18隻
訪船
回数
18回 20回 24回 21回 20回 26回 24回 24回 20回 28回 25回 20回 270回
安全会議
安全会議
安全会議

安全会議

明和海運グループでは、ドック入渠時を利用し経営トップ自ら安全会議に参加し、乗組員の安全意識の向上と高揚を図っています。

<2019(令和元)年度>

1.明芳丸 日 時 2019(令和元)年5月30日(木)
場 所 向島造機(株)
参加者 千原船長 以下4名
2.興和丸 日 時 2019(令和元)年7月22日(月)
場 所 向島造機(株)
参加者 中田社長 以下2名
菅野船長 以下4名
3.明和丸 日 時 2019(令和元)年9月20日(金)
場 所 向島造機(株)
参加者 中田社長 以下3名
三浦船長 以下5名
4.明桜丸 日 時 2019年10月28日(月)
場 所 向島造機
参加者 中田社長 以下3名
砂田船長 以下5名
5.第二十一福神丸 日 時 12 月 24 日(火)
場 所 丸亀港
参加者 中田社長 以下3名
武次船長 以下6名

<2018(平成30)年度>

1.明和丸 日 時 4月12日(火)
場 所 向島造機(株)
参加者 中田社長 以下4名
三浦船長 以下6名
2. 明芳丸 日 時 5月28日(月)
場 所 向島造機㈱
参加者 佐々木部長 以下4名
千原船長 以下5名
3. 明桜丸 日 時 7月23日(月)
場 所 (株)栗之浦ドック
参加者 佐々木部長以下5名
砂田船長以下7名
4.明督丸 日 時 9月14日(金)
場 所 向島造機㈱
参加者 中田社長以下 4名
小山船長以下 6名
5.興和丸 日 時 9月27日(木)
場 所 向島造機㈱
参加者 中田社長以下 4名
菅野船長以下 8名
6.明督丸 日 時 10月25日(木)
場 所 向島造機㈱
参加者 中田社長以下 5名
小川船長以下 6名
安全会議
安全会議
安全会議

明和海運安全協議会の開催

船主合同会議を年3回開催し、安全に対する意識の強化・継続を 図っております。この会議では、石化業界を取り巻く現状、AIS搭載による安全航海の強化、設備機器トラブルの状況等の意見交換を活発に行っております。

<明和安全協議会実施実績>

2019(令和元)年度
1.総会 日 時 2019(令和元)年05月10日
場 所 長崎県長崎市
参加者 20名
議 題 1.平成30年度 年間無事故優秀船表彰
2.平成30年度 潜在危険報告表彰
3.営業概況
4.STCW条約に基づく船員関係資格の見直しについて
5.軽微な不具合発生時の応急ツールの紹介
2.定例会 日 時 2019年11月15日(金)
場 所 明和海運株式会社 大会議室
参加者 25名
議題 1.2020 年度明和安全協議会 安全標語優秀作品発表
2.SOx規制の燃料動向について
3.最近のトラブル事例について
4.講演:「明和海運が取扱う貨物に関する危険性、および過去の事故事例から得られた教訓」
・特別講師 一般財団法人 海上災害防止センター
西日本支所 児玉 正浩様
3.新春例会 日 時 2020(令和2)年01月31日
場 所 明和海運(株) 本社
参加者 22名
内 容 1. 営業概況
2. 事故事例紹介
3. アンガーマネージメント入門
2018(平成30)年度
1.総会 日 時 平成30年5月11日(金)
場 所 高知県 高知市
参加者 20名
議 題 1.平成29年度 年間無事故優秀船表彰
2.営業概況
3.ブランジボルト締結管理について
4.船員の育成と教育について
2.定例会 日 時 2018(平成30)年11月15日
場 所 明和海運(株) 本社
参加者 21名
3.新春例会 日 時 2019(平成31)年01月25日
場 所 明和海運(株) 本社
参加者 20名
明和海運安全協議会
明和海運安全協議会
明和海運安全協議会

外部講習への参加

外部講習に積極的に参加し安全に対する意識・知識の向上を 測っております。

<過去の参加履歴>

2020(令和2)年度
1 2020(令和2)年02月07日 運輸安全マネジメントセミナー
2019(令和元)年度
1 2019(令和元)年08月29日 気象海象情報の見方(基礎~応用)[一般社団法人 日本気象協会]