明和海運株式会社

60th anniversary

海上職

MEIWA KAIUN GROUP

明和タンカー

佐藤 和宏

明和丸 一等航海士
明和タンカー株式会社

Interview 1

どんな仕事をしているのですか?
どんな仕事をしているのですか?

一等航海士は甲板部の総括者として、作業現場での指揮命令を行います。
具体的な仕事内容は、積地や揚地での石油化学製品等の積みおろしの監督、航海中の積荷の管理、また、出入港のときには船首で船を岸壁に着けたり離したりする作業の指揮監督などがあります。

今年の夏からは、船長が下船中のときに代理で船長を任されるようになりました。

船長は、天候や海の状況を自分で判断して船の針路を決めなくてはなりません。また、港に出入りするときや、狭い海峡や水道を通過する時には自ら操船の指揮をとります。

大きな責任を負いプレッシャーを感じていますが、他の船員たちが協力し支えてくれるおかげで任務を遂行できています。

Interview 2

仕事への思い・やりがい等について教えてください。
仕事への思い・やりがい等について教えてください。

何事においても安全第一を心掛けています。荷役中は、液体の漏れがないかダブルチェックを徹底しています。風がなくても潮の流れやうねりで船が大きく揺れることがあれば、荷役を中止することもあります。航海中は、周りの動静に注意を払い、常にGPSやレーダー、そして双眼鏡による目視によって位置確認を行っています。特に漁船はGPSやレーダーには映らないので注意が必要です。

荷主から預かった石油化学製品の安全を守るという重要な役割を担っているため、責任感や判断力、冷静さなどが求められる仕事です。最近では、青汁を飲むなど健康管理にも気を遣っています。

Interview 3

ププライベートはどんなことをしていますか?
プライベートはどんなことをしていますか?

下船中は、家族のタイミングが合えば、車で旅行に出かけたりしています。妻、娘、そして息子も同居しており、朝食と夕食は一緒に食べるようにしています。乗船中も時間があれば家族に電話して良く話しているので、仲は良い方じゃないでしょうか。最近は、2歳になる孫娘が電話に出て片言で「ジジ」と言ったり、何を話しているは良く分かりませんがおしゃべりをしてくれます。自宅では、一緒にボール遊びをしたりして、可愛い盛りです。今では、休暇になると孫娘の顔を見るが楽しみになっています。

スタッフ紹介バックナンバー