明和海運株式会社

60th anniversary

海上職

明和フリートオーナー

上畝地 宏之

第18春日丸 船長
戎海運有限会社

Interview 1

子供のころ将来思い描いていた自分

私は、生まれは神奈川県ですが、中学から鹿児島県の薩摩川内市に住んでいます。隣町が串木野という遠洋漁業の町で、学生時代から母方の従兄たちが船に乗っているのを見て育ったので、小さい頃から将来は船乗りになりたいと思っていました。

最初は遠洋漁業船に10年程乗りました。その後、鹿児島=屋久島間を運航するフェリーに移り、ガス船、RORO船を経て、ガス船(LPGタンカー)に戻り、今の会社にお世話になって8年目になります。

Interview 2

仕事への思い・やりがい等について教えてください

一等航海士は荷役責任者なので、荷役量の計算や揚荷役時の配管切り換えには特に注意を払っています。

2年程前から船長代理をするようになり、船内の和をより一層考えるようになりました。乗組員全員とのコミュニケーションを大切にし、会社との連絡も頻繁に行うことを心掛けています。そうすることで、船内の和を保ち、安全航海と安全荷役を維持し、乗組員全員でより質の高い船員になれたらと思います。

Interview 3

プライベートはどんなことをして過ごしていますか?

以前は、車で温泉や県外に遊びに行っていましたが、最近では健康に気を付けるようになり、晴れた日は家の近くの山登りやウォーキングなどの運動をして過ごしています。今年は鹿児島マラソンに参加し、フルマラソンを完走することができました。

また、昨年からダイエットにも取り組んでいます。運動に加えて、カロリー計算をして食事をするようになってから、40kgの減量を果たし、120kg弱あった体重が70kg台になりました。

今では、決められたカロリーの食事をとり、運動することが日課になっています。

スタッフ紹介バックナンバー