明和海運株式会社

60th anniversary

海運豆知識

第115回

海とはVol.1

地球上で海洋の面積は、およそ3億6千万km²であり、陸地の面積は、およそ1億5千万km²であり、海は地球の全面積の70.8%を占め、陸地は29.2%に相当します。ところが 北半球では海洋と陸地の比率が60.7%と39.3%、南半球では80.9%と19.1%になっており、北半球に陸地の割合が多くなっています。地球を取り巻く海洋を区分すると、面積が広く、塩分はほとんど一定で独自の潮汐と海流を持ち、海洋生成当時からある「大洋」 と、面積が比較的小さく独自の潮流と海流をもたず、太陽からの影響を受け生成も大洋より新しい「付属海」とに分けられる。付属海はさらに、地中海と沿海に分かれる。

【海洋区分】

海洋区分

地中海は陸地に深く入り込み、周囲はほとんど陸地で囲まれているところであり、沿海は外洋から半島や島で不完全に分離されている。昔から七つの海を乗り越えてくるといわれるが、この言葉は古く、起源はバラモンの神話にあるといわれている。現在では世界の全海洋をさし、次のようになっている。
1.北太平洋 2.南太平洋 3.北大西洋 4.南太平洋 5.インド洋 6.北氷洋 7.南氷洋

「海とは Vol.2」に続く・・