明和海運株式会社

60th anniversary

海運豆知識

第100回

距離の単位マイルの色々

我々、海運会社で働く者にとって最初に覚えることが「どこから」、「どこまで」距離がどのくらいあって、船が目的地へ何日の何時頃到着するか?を覚えます。入社して最初に戸惑うのは、距離=マイル、速さ=ノットという単位です。普段私たちは㎞を使って生活をしているので、マイルやノットはピンとこないですね。今回は距離についてご紹介します。
第6回海運豆知識でご紹介しています、船の速さの測り方では「1ノットは一時間に1.852㎞進む」「1マイルは1.852㎞」とあります。これら海運や航空で使用する単位は国際海里 (International nautical mile)と言いい、これは海図上の緯度1分の距離(地球上における緯度の1分角の弧長)を表します。


なお、陸上では単にマイルと言った場合、国際マイル (International mile)を意味し、1959年7月に締結された国際協定により1 国際マイルは、1.609㎞と定められています。
同じマイルでも、陸上と海上とでは、使用する長さが異なる事に注意が必要です。